【2歳5か月】おっぱい

子育て日記

娘が絵本を読んで欲しくて持ってきたのが、「おっぱい どーこ?」という絵本でした。

  

子犬がおっぱいどーこ?と探して、母犬がここよ、と優しく受けとめてあげる物語。

  

読んでいるうちに、「おっぱい どーこ」というフレーズとともに、私の服をめくっておっぱいを探し始める娘。

  

意図してなのか、偶然なのか分かりませんが、私に甘えたかった様子でした。

 

もう2歳で大きくなったなぁ、と思いつつ、鏡に自分と映る娘を見ると、まだまだ小さくて赤ちゃんに感じてしまいます。

  

あと何年、一緒に居られるかなぁ。

お母さんを求めてくれるのは何歳くらいまでかなぁ。

  

ということを、いつも考えながら過ごしています。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました